決算 節税

決算の節税対策を理想的にする条件

会社の業績をはかる決算。「赤字」は当然つらいですが、「黒字」でも法人税として、利益の約4割も税金として持っていかれるのも頭の痛いところです。

何年も多額の法人税・事業税等を払い続けても、赤字になったからといって税務署は税金を戻してくれません。税務署はいざという時に助けてはくれないのです。

現状の中小企業を経営するにあたって、いつ何時、何があって業績不振に陥ってしまうかわかりません。ですので、それに備え自己防衛は必要になってきます。

そのため、決算対策として、できるだけ大きく節税できる「税金対策」で良い方法はないかと考えているのではないでしょうか。

そこで、とりあえず理想的な節税対策をするための条件とはどういったものか考えてみましょう。

   1. 合法的
   2. 効率よく経費(損金)をつくる
   3. 戻ってくるお金がある

ということになるかと思います。そして、そんな都合のよい方法とは・・・。

⇒ 節税対策に良い方法とは?専門家に無料相談できます!

決算の節税対策として条件を満たす方法とは

理想的な節税対策のすべての条件を満たす方法、それは生命保険を使った決算対策(節税対策)です。

「保険税務(生命保険に関する税務)」を活用することで、簡単に効率の良く、大きく節税ができます。

ただ、生命保険といえば「死んでからお金が入ってくるもの」といったイメージがありますし、
営業もしつこい感じがすることから、生命保険を嫌っている社長さんも少なくないと思います。

しかし、万一の場合を考えると、生命保険に入っていることでとても助かることが多いのです。

残された社員や自分の家族のこと、会社の借入金のことなどを考えると、
少なからず社長さんも生命保険に目を向けることが大切だと言えるでしょう。

⇒ 保険活用について専門家に無料で相談できます!

生命保険で決算に向けて大きく節税をしよう!

生命保険にあまり良いイメージを持っていないので保険を活用しない。それは会社にとって逆に損失だと思ってください。

税務通達によって、生命保険は合法的な理想の節税対策になるのです。

ただ、生命保険が決算の節税対策として理想的な方法だということがわかったとしても、
どの保険に、どのように加入すればよいか悩むところだと思います。

そこで、適切に生命保険を活用するために、企業に向けた適切なアドバイスをしてくれる
保険活用の実績のある専門家と一度相談してみることをおすすめします。

専門家に相談することにより、より確実に決算に向けて大きく節税対策ができるからです。

⇒ 専門家による無料相談はコチラ!

決算の節税対策!大きく節税したい中小企業経営者様へリンク